Take a look at this

ゲスト作品「ムンテスピフと私」について

刀収集のブラウザゲームにどっぷりはまってしまったしいのです。
ブログを更新しないとなぁと思いつつ、伸ばし伸ばしにしていたら3月になっていました。
春が近いはずなのにまだ寒い。温度差が激しいです。
寒いと眠くなります。眠いです。冬眠休暇を申請したい。


先月に更新した「ムンテスピフと私」について。



こちらはおーそらさんの「スジャックカンルと15月の夜」の2巻に寄稿したお話です。
初のゲスト作品。某呟き広場で募集されていたのを見て、スジャの世界を書いていい喜びと勢いで参加表明致しました。
写真がそのご本(+頂き物のトルコポーチ)となります。
装丁が美麗です。あの不思議でどこか懐かしいスジャの世界を感じさせます。

舞台はファンタジー。ノスタルジアを感じるのは、アジアンチックな雰囲気が漂う世界観だからでしょうか。糸を紡ぐように描かれた細かな情景がたまらないです。おーそらさんの「RAKA」もそうですが、ふとした瞬間に人の営みを感じるような、なぜか戻りたいと思ってしまうおーそらワールドに迷い込んでみたいです。

赤面症で引っ込み思案のスジャックカンル君と彼を取り巻く人と世界のお話です。
6話から話が急展開しております。おどおどしていた彼がどう動くのか楽しみです。

また、おーそらさんのご好意でゲストページに表紙・裏表紙を描いて頂きました。
お渡ししたものにイラストをつけてくれるなんて感激です。
そちらも掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

そして、実はコンビニネット印刷で配布していたムンブックカバーをゲットしていたり。
本に巻いて大事にしております。

おーそらさん、本当にありがとうございました!


スポンサーサイト
  • Posted by 椎乃みやこ