Take a look at this

とりあえず、バトンでも

一ヶ月ぐらい放置しておりました。冬ですね。

お久しぶりです。しいのです。



こちらではちらほら雪が降るようになりました。寒いです。

気がついたら12月の半ばで、一年の終わりを迎えようとしています。

今年はどうだったのかと振り返ったとき、大変だったと言えば大変で、忙しかったといえば忙しくて、遊ぶときは遊んで、去年よりはお話を(わりと)書いていたようにも思います。

ぎゅっと色々なものが詰められた感じです。





ここ最近、寝落ち率が高く、思うように事が進んでいません。

あれやこれやと短い時間で全部をやろうとするのがいけないんでしょうが。

読書もほとんどしなくなりました。

知りたいこと読みたいお話はたくさんあるのに、本が積み上がっていくばかりです。



ただ、しっかりしなくていいということは、覚えてきた気がしますε-(´ω`)





年賀状を送ろうとリストを作ったら、思ったよりも人数が多くて驚きました。

今年も、色んな方のお世話になりました。

ありがとうございます。



さて、下記はバトンです。 さきはさんのところから持って来ました。

だいぶキャラ達がはっちゃけてますが、それでよければどうぞ。

全シリーズのキャラが全員集合しています。

適当に数字を当てたのですが、しっくりくる組み合わせになりました。










クリスマスパーティーで新境地!





まだちょっと早いかもですが、一足先にクリスマスパーティーで新境地バトンを作ってみました。

一次創作、二次創作、何でもOKなので暇な方はやってみて下さい。

それでは下の数字にキャラを当てはめてどうぞ。





1、カナラ

2、先生

3、ヤシロ

4、ティミー

5、セイク

6、花喰い娘

7、夢を喰う魔物

8、すず

9、れいか

10、光波



それではLet'sスタート!



(3)ヤシロの家でクリスマスパーティー。しかし何故か誘っていない(5)セイクもパーティーに参加しています。



ヤシロ「帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ」

セイク「ヤシロって、いつもイライラしているよね」

ヤシロ「お前がさせているんだよおおおおおおおおおお!!」





(6)花喰い娘はリア充なので皆より早めに帰宅する模様。それを聞いた非リア充の(2)先生は(6)花喰い娘の帰宅を邪魔しようと考えています。



先生「君と仲がいい夢を喰う魔物は犯罪の臭いがするから、会わない方がいいと思うなー」

花喰い娘「ま、魔物さんはそんな人ではありません……! あ、あなたのほうが、あ、怪しいです!」

先生「えー。ソンナコトナイヨー(´・∀・`)」





(1)カナラと(8)すずがサンタクロースの話をしていると(1)カナラがサンタクロースは本当にいるんだ!と力説してきました。



カナラ「サンタはいるの。私、見たことがあるのしー兄も先生も信じてくれないけど本当にいるんだって!」

すず「えぇ、本当にいますよ。参田さん」

カナラ「(´ω`)」

すず「(´ω`)」

カナラ「誰?」

すず「近所にお住まいの八百屋さんです」

カナラ「そうかー」

すず「そうですー」





(4)ティミーはパーティーにウケ狙いでコスプレをしてきました。しかし、(4)ティミーのマニアックなコスプレに皆ドン引きです。



ティミー「(`・ω・´)」

カナラ「ごめん、ティミー。何のコスプレなのかわからない」

ティミー「小さな頃に踊りが上手いけれど唇がいつも乾燥していてキスが下手で彼女の振られてもめげることなく踊り続けて優勝して有名になった故郷の◎◎さんが30周年記念の時に来た衣装」

カナラ「(´ω`)」

ティミー「(`・ω・´)」

カナラ「凄いね」

ティミー「でしょう!!」





プレゼント交換の時間、(10)光波が当たったのはR-18の同人誌でした。持ってきたのは(8)すずで作者は(7)夢を喰う魔物のようです。



すず「プレゼントに悩んでいましたら、あの方がくださいました」

光波「中身、見てない?」

すず「お楽しみということで、見ておりません」

光波「それはよかった。……あぁ、そうか。魔物だもんね。彼岸に送り返そうか」

夢を喰う魔物「人にはそういう欲望が必要だと聞いたから、妙に熱く語る人間から聞いた話を書いたんだよ。どうして僕に刀を向けているのか、さっぱりわからない」

光波「斬られてからわかることもあるんじゃないのかな」

夢を喰う魔物「ずいぶんと横暴だね。鬼子だからかい」

光波「考えなしの魔物には言われたくないなぁ」

夢喰う魔物「^^」

光波「^^」

すず(帰りたい……)





(9)れいかはこのパーティーで片思いの(1)カナラに告白するようですが、KYな(10)光波のせいで中々二人きりになれません。



れいか(上記にはそう書いてあるけれど、主人公のようだし、応援の言葉でもかけておこうかしら)

カナラ「あ。えーと、れいかさんだっけ」

れいか「えぇ。あのね、カナラ。私」

光波「れいか!! こんな遅い時間までだめじゃないかまた体に触るだろう薬は飲んだのちゃんと野菜は食べたのお風呂には入ったの大丈夫また熱がでているんじゃな」

れいか「( `д´⊂彡☆))Д´)」

カナラ「( ゚д゚)」

れいか「カナラ、好きよ(訳:色々大変でしょうが、これからも応援しています。頑張ってください)」

カナラ「私も、です……(訳:あの人の干渉っぷりは家族に似ていました。あなたも頑張ってください)」





(4)ティミーは(2)先生が(6)花喰い娘の帰宅を邪魔するのは、リア充だからではなく好きだからでは?と誤解したようです。



ティミー(ちょっと危ない気もするけれど、恋は応援しなくてはいけないわ!)

先生「ほんとごめんねちょっと言い過ぎたねごめんねだから怯えないで紙袋から顔をだしてくれないかなあの後ろで僕をガン見している魔物と名乗る人がいるんだけど瞳孔開いててこっち見てて怖いんだってごめんねほんとごめんねお願いだから顔をだして!!」

花喰い娘「((((((´;ω;`)))))」

ティミー「だめよ、そんな弱気じゃ!! 想いは強く伝えるものよ!!」

先生「やめて!! 僕の存在、抹消されるから、やめて!!」





酔った(5)セイクが下ネタを熱く語りはじめ(3)ヤシロはこの人って色々と残念だよなぁと思いつつ話を聞いてあげました。



セイク「下ネタというのは下世話な話ということで、理解していいんだね?」

ヤシロ「ん? お、おぅ」

セイク「神官たちの話でもする?」

ヤシロ「その下世話はいらないから、しなくていい。マジで」





(7)夢を喰う魔物と(10)光波が最後のケーキを賭けて腕相撲。(7)夢を喰う魔物が圧勝しましたが(9)れいかの足に躓いてケーキは床で無惨な形に。



夢を喰う魔物「あー……。花喰い娘と食べようと思ったのに」

れいか「ごめんなさいね。人の鬼子を卑下にしたもの。つい、足がでてしまったわ」

光波「れいか……!! 抱いて!」

れいか「(♯`Д´)=○)゚з゚)・∵.」

夢を喰う魔物(この二人は仲がいいなぁ。花喰い娘に同じことを言ったら、もっと知ることができるかな)

花喰い娘「ま、魔物さん! あの、眼鏡かけた変な男の人が……!!」

夢を喰う魔物「花喰い娘、抱いて?」

花喰い娘「……そ、それはっ、わたしからっ、抱きしめるということっ、でしょうか」

夢を喰う魔物「僕からする?」

花喰い娘「え、いや、あの、その!」

れいか・光波(若いっていいなぁ……)





パーティーはそろそろお開き。(8)すずがこのまま(3)ヤシロの家に泊まりたいと言いだしました。(3)ヤシロも実は万更でもないようです。



すず「あの、私。もっと、もっと、皆様とおしゃべりしたいです!」

れいか「すずがいたいのなら、いいんじゃないのかしら」

光波「こういうことって、あまりないからね」

花喰い娘「わ、わたしも、遊びたいですっ」

夢を喰う魔物「花喰い娘とケーキを食べたいから、もう少しここにいるよ」

ティミー「夜はまだまだこれからっていうじゃない!」

ヤシロ「お前らなぁ。おれの家なんだが……」

カナラ「ヤ、ヤシロさん」

ヤシロ「なんだ、カナ嬢」

カナラ「わ、私も、まだ遊び、たい……」

ヤシロ「ん、いいんじゃね?」

セイク「ヤシロって、結構、青の子に弱いよね」

ヤシロ「うるせー」





お疲れ様です!以上でクリスマスパーティーで新境地終了です!

こういうバトン作るのは初めてなので何か違ってたらごめんなさいorzどうか皆さんの暇潰しになりますように!



お次に回す方がいたらどうぞ→奈木さんとカイリさんに全力投球しちゃいます。 ありがとうございました!





テンプレはこちらから。

スポンサーサイト
  • Posted by 椎乃みやこ